Edo Photos エドフォト

Pinhole and Natural Life Photography

Navigation

エドワード・レビンソン 写真家/エッセイスト  レジュメ 2016年4月現在
Edward Levinson Photographer - Essayist  
(English Resume Click Here)

◆略歴
1953年12月、アメリカ・バージニア州生まれ。
1973年バージニア州立工科大学中退。バージニア州立コモンウェルス大学で写真を
学ぶ。
1979年より日本に在住。
1994年より、日本を中心に世界各地でピンホール写真展を60回以上開催。
新聞・雑誌・単行本に写真と記事を寄稿。ピンホール写真ワークショップ講師。
ピンホールカメラを主に、デジタルカメラ、フィルムカメラを駆使して作品
制作に勤しむ。モノクロ写真は自身の暗室作業でプリントする。
個人ギャラリー「エドフォト」を自宅に併設。
日本写真協会会員 ピンホール写真芸術学会会員 
PINH0LE RES0URCE協会(アメリカ)会員 日本ペンクラブ会員

◆ホームページ 
http://www.edophoto.com http://www.edophotobiz.com http://www.whisperoftheland.com
e-mailto: edo@ edophoto.com

◆主な個展
1995「癒しの心象風景」 ギャラリーてん 大丸東京 店 
1996「癒す風景」 エッグ・ギャラリー 東京・渋谷  
1996「HEALING LANDSCAPE」 プリンツ・ザ・ギャラリー 京都 
1996「聖なる日本一神話か現実か」 gaIlery ississ 京都
1997「癒す風景」 C0SM0 GALLERY  大阪 
1998「癒しの風景」 池袋サンシャインシティ ・アルパ 
1998「CITYSCAPES」 エッグ・ギャラリー 東京・渋谷 
1998「癒す風景」 由布院美術館  大分県湯布院町 
1998「CITYSCAPES」 gallery ississ 京都 
1998「針孔で捉えた世界」 メタル・アート・ミュー ジアム 千葉 
1999「Europe Deja vu」 プリンツ・ザ・ギャラリー 京都 
1999「As Time Goes By」 東京写真文化館 東京・赤坂 
2000「存在のエッセンス」 ごらくギャラリー 東京・銀座 
2000「針孔で捉えた世界」 ポーランド国立クラクフ 美術館 日本芸術・技術センター
                    ポーランド 
2001「Camera Obscura」  ハンガリー写真美術館  
2001「癒す風景」御宿町月の沙漠記念館  千葉県 
2001「水天Mugen」 ギャラリー繭 東京 /  古島ギャラリー 千葉市 
2002「Shadows Talk - 語りだす影たち 」 ごらくギャラリー 東京・銀座 
2004「Watching and Waiting」 ごらくギャラリー 東京・銀座 
2004「ピンホール写真の世界ーー心の風景」roof gallery 玉川高島屋sc東京 
2005「存在のエッセンス--ESSENCE OF BEING」GALLERYはねうさぎ 京都
2005「Timescapes」Nadar 355 Shibuya 東京 
2006「Silhouette Stories」ごらくギャラリー 東京・銀座 
2006「Heartgraphy」 Roonee 247 Photography 東京 
2007「エドさんのピンホール写真展」渋谷ナダール  Nadar東京・渋谷 
2007「シルエット・ストーリー」 gallery ississ 京都 
2008「 癒す風景 + シルエット・ストーリー」紋別市立美術館 北海道 
2008「癒す風景」 Gallery Schiele, 南房総市 千葉県 
2009『丘のてっぺんの庭』八重洲ブックセンター・ギャラリー 東京
2009 Pinhole Sampler,板橋区立科学技術館 東京
2010「光の土地」"Special Edition TEN" Gallery Malle Tokyo   
2011「マインド・ゲームス」クロスロード・ギャラリー  東京・四谷 
2012「ピンホール写真による日本の原風景」「個展」会場=ENTRE DEUX ギャラリー
   フォーシーズンズホテル& 椿山荘 東京・目白 
2012「マインド・ゲームス」[EIZOガレリア銀座]  東京・銀座 
2102[マインド・ゲーム]セレクション 日本外国特派員協会(会員制プレスクラブ The FCCJ)内 
2012[マインド・ゲーム]セレクション京都ロイヤルホテル&スパ
2014[マインド・ゲーム]ギャラリー・シーレ 千倉町 南房総市 
2014 「ビジュアル・メモワールVisual Memoir」ギャラリー冬青(東京・中野)
2014「都会の美とシンボリズム」オリンパスギャラリー (東京・小川町)
2014「都会の美とシンボリズム」オリンパスギャラリー・大阪 (大阪・本町)
2015Whisper of the Land",Art Gallery M84 東京東銀座
2015 「光で書く」meriken gallery & cafe 神戸
その他

◆主なグループ展
1994 「音視聴画」2人展W/鶴 勝英氏 ギャラリー睦 千葉市 1994
1995「大地の響」2人展W/鶴 勝英氏 ギャラリー 繭 東京 1995
1995「AWAKENING 0F THE SPIRIT」  Felissimo Art Space ニューヨーク 1995
1995「CAMERA C0NCEPTS」 CUDAHY'S Gallery  アメリカ・リチモンド 1995
1996「8カ国20人の作家展」 船橋市民ギャラリー  1996
2000「二人展」 CUDAHY'S Gallery  アメリカ・リチモンド  2000
2000「Those Who Came - A View of Hungary through the Lenses of Foreign Photographers」 ハンガリー写真美術館 ハンガリー・ケチケメット市 2000
2000「Stenopephotographie」 リール市立図書館 フランス リール市  2000
2003「Pure Light」 2003 ノース・カロライ ナ州 ウィンストン・セーレム 
  サウスイースト・センター・フォー・コンテ ンポラリー・アーツ  2003
2003「黒と白による美に集い展」ギヤラリー石川 横 浜市 2003
2003 アルバニア・ティラナ国立美術館「マルビ 2003」ピンホール写真グループ展 
2004 ピンホール・グループ写真展 「スロービジョ ン」 ノルウエー
2005 デ・サントス・ギャラリーテキサス州ヒュースト ン ピンホール写真グループ展
2009「Ever Present Past」, 三人展, Neue Sächsische Galerie,
ドイツ シェムニッツ市 
2009「世界ピンホール写真デー」プロ写真家の第1回グループ展、イタリア・ロベレト市                                 
2011「ある日本の原風景 ピンホール写真で視る世界」二人展 W/鈴鹿芳康氏 ギャラ
リー・ヴァンテアン 東京 ・台場 
2011「東京画」第二章 東京の住人たち、そのリズムとハーモニー会場=Gallery21 
東京・お台場
2012 ハイライト展 フォーシーズンズホテル椿山荘 東京
2012 ピンホールフォトフェスティバル 2012 in 写真の町東川・北海道
2012“Tokyo Ga Meets New York Photo Festival”, New York 2012
2013「monochrome VIII グループ展」Gallery E&M (東京・西麻布)
「TOKYO-GA meets OSAKA 2013」阪急梅田本店(大阪・ 梅田)
2014「もう一度見たい桜」リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリーA.W.P 2014

◆写真コレクション
日本美術技術博物館 (manggha) (Kraków、Poland)ポーランド
ハンガリー写真美術館 Kecskemet,Hungary) ハンガリー
Graham Nash/Nash Editions アメリカ
ニューメキシコ歴史博物館 知事公邸写真保存部「Pinhole Resource」
   コレクション アメリカ
Chesapeake Capital Corporation
Mariners Museum, Newport News Virginia アメリカ
Collection of Julia J. Norrell アメリカ
Child Savers Art Collection バージニア州リッチモンド
Capitol One Collection (corporation)  アメリカ
個人所蔵多数

◆賞Awards:
動画、短編映画「東京物語」:
Official Selection and Honorable Mention for “Best Cinematography” from the LOS ANGELES FILM REVIEW INDEPENDENT FILM AWARDS 2015
Open Door Short Film Showcase" 2015 Official Selection and Golden Key Award
Best Shorts Competition 2015 Award of Recognition
Official Selection Tokyo Lift-Off Film Festival
本:
PX3 2007, First Place Award for Category Book/other “Timescapes Japan”

◆著書
写真集『タイムスケープス・ジャパン』日本カメラ社 2006
   (07年度パリ写真賞部門別1位受賞)
エッセイ『エドさんのピンホール写真教室』 (岩波書店) 2007
エッセイ『ぼくの植え方』(岩波書店) 2011
エッセイ 『Whisper of the Land』 (Fine Line Press) 2014 (英語)

写真撮影担当書籍(鶴田静著書)
『マザーアース・キッチン』 柴田書店
『田園に暮す』 柴田書店 / 文春文庫plus
『自然冒険図鑑』岩波書店
『野の花とともに』 家の光協会
『緑の暮らしに癒されて』大和書房
『出会いたい野の花たち』 文化出版局
『ベジタリアン宮沢賢治』晶文社
『いま、自然を生きる』岩波書店
『ベジタリアンのいきいきクッキング』NHK出版
『母なる自然の食卓』東洋書林 
『二人で建てた家』文春文庫plus
『丘のてっぺんの庭 花暦』淡交社
『庭の恵みを楽しむ料理』朝日新聞出版
 書籍カバー写真 
『スエデンボルグの宗教世界』高橋和夫著 人文書院
『誠実であるということ』ヒュー・プレイサー著 株式会社ボイス
 
雑誌連載
「日本カメラ」日本カメラ社 「ゆほびか」マキノ出版「チルチンびと」風土社 「清流」清流出版「yuai」uiゼンセン同盟 「なごみ」淡交社 政府広報誌「cabiネット」『女性 のひろば』(日本共産党中央委員会)「やさい畑」/「花くらし」家の光協会  その他 ポストカード出版 

◆テレビ出演等
NHK World “Journeys In Japan” June 26, 2012 - worldwide on the internet and cable TV
ニコン チャンネル > ウェブギャラリー > 第6集 > エドワード・レビンソン2007
BS朝日 「緑のコトノハ」2010
NHK教育 「ヒミツのちからドン」2011
NHK総合 「おはよう日本」年間シリーズ 「大地の食卓」1996
NHK BSライフドキュメンタリー「太陽の食卓 」 1997
NHKハイビジョン 「この素晴しきものたち-クラシック・カメラ」1999
NHK総合 「小さな旅 」 1999
NHK総合 「こんにちは一都六県」1999
千葉TV 「菜の花人」 1999
SONYの「マイソニークラブ」 のサイトインタビューなど2011
その他 フジテレビ、テレビ東京 ラジオ出演など

◆その他の活動
1990年より4回「アースデイ」主催。
1991年 チャリティー絵画展主催「絵で知り合う地球の友だち」(アメリカ、中国、朝鮮、
マレーシア、フィリピン、ベトナムからの作品展示)
1992年春より数年間「チェルノブイリの子どもたち」保養ホームステイホスト。
「チェルノブイリの子どもたち」写真展主催。
1997年より毎年 自宅スタジオにてピンホール写真ワークショップ開催
現在まで。風力発電、太陽光発電、井戸と雨水、コンポストトイレを導入し、植樹、野菜、花木の庭作りをしてエコライフを実践。

◆趣味
サーフィン、音楽演奏、ガーデニング、俳句